言葉攻めだけで我慢汁があふれ出す

歌舞伎町や五反田、池袋の陰に隠れていますが、実は町田のデリヘルは都内でもトップレベルなのです。

デリヘルの新規オープンも多く、私は毎日のように町田のデリヘルシーンをチェックしています。

そこで見つけたのが、20代後半の女性ばかりを揃えたお姉さん系デリヘルです。

しかも、オープン記念割引を行っているではありませんか。

これは遊ぶしかありません。

どの女性も魅力的なのですが、華奢なボディと小悪魔系の表情が魅力的な女性を指名しました。

実際に対面してみるとホームページで見た通りの華奢なスタイルで、どこか気の強そうな雰囲気がたまりません。

そして、プレイが始まると非常にねっとりとしたプレイ。

ゆっくりとしたストロークのフェラチオはこれまでに無い快感です。

これには思わず声が漏れてしまうほど。

私の喘ぎ声を聞いたことで女性もヒートアップし、次第に言葉攻めが始まりました。

ゆっくりと手コキをされながらの言葉攻めは初めてのこと。

これで私のペニスはマックスまで硬くなってしまいました。

そして、言葉攻めのワードは徐々にハードになり、羞恥プレイのような流れになったのです。

自分はどちらかと言えばS系だと思っていたのですが、言葉攻めに大興奮している自分がいます。

どうやらこの女性に新たな性癖を開発されてしまったようです。

そして、手コキの後はローションをたっぷりと使った素股がスタート。

腰をガンガンと振りながらも言葉攻めは止まりません。

そのまま私はフィニッシュしてしまったのです。

あまりに大量発射してしまったため、その後はしばらく立ち上がることが出来ませんでした。

これまでにテクニックを持つデリヘル嬢と何度もプレイをしましたが、今回は言葉攻めをされたことでこれまでに無い快感と新鮮味がありました。

私はこの言葉攻めにすっかりハマってしまい、その後も同じ女性を指名しています。

そして、この女性も性癖開発が楽しくなったようで、毎回ハードなプレイで楽しませてくれるのです。

最近の私は言葉攻めをされながらの顔面騎乗にハマっており、ペニスを刺激されていないにも関わらず我慢汁が大量にあふれてしまいます。

この女性以外からも言葉攻めを受けたことがあるのですが、それほど興奮出来ませんでした。

やはり言葉攻めは女性との相性が重要なのです。

初回から私好みの言葉攻めをしてくれた彼女とのめぐり合わせは奇跡でしょう。

今は二週間に一度のペースでこの女性を指名しています。