放置プレイ後のあっという間の昇天

自分のは性癖はM系なのですが、そこまでハードなSMプレイは抵抗があります。

そのため、SMクラブへ行くほどのマニアではないので、M性感でプレイを楽しんでいます。

M性感はソフトプレイ中心なのですが、毎回指名している女性のプレイが徐々にエスカレートしているような気がします。

しかし、その女性は私好みのむちむち体型で、彼女以外の女性とのプレイは考えられないのです。

そのため、その日も同じ女性を指名しました。

そのM性感はデリヘルスタイルとなっているため、いつものように上野のラブホテルにチェックインしました。

そして、女性が到着するといきなりプレイが始まります。

彼女は私が前立腺好きということが分かっているので、まずはじっくりと前立腺を責めてもらうことにしました。

最初は痛いだけの前立腺プレイだったのですが、毎回前立腺を刺激されることで傷みが快感に変わったのです。

前立腺プレイは独自の快感がありますので、M性感でトライすることをおすすめします。

私は前立腺がすっかり開発されているため、少し刺激されるだけで声が出てしまうほどです。

そして、前立腺プレイの後はスパンキングです。

本当のSMプレイであればムチを使うのでしょうが、さすがにそこまでのプレイは抵抗があります。

しかし、スパンキングは手で叩くだけですので、それほど痛みはありません。

スパンキングは痛みよりもむしろ羞恥心を楽しむプレイでしょう。

私はいつも馬乗りにされてスパンキングを受けています。

そのむちむちボディが目の前に広がりますが、M性感の世界でボディタッチはNG行為。

そこはグッとこらえます。

そこで興奮のあまりボディタッチをしてしまうと、その場でプレイが修了になることもあります。

そのため、M性感ビギナーは注意しなければなりません。

スパンキングの後はツバを垂らしての手コキです。

M性感は基本プレイにフェラチオがありませんので、手コキがプレイの中心です。

M性感の女性は誰もが手コキ上級者なので、そのままフィニッシュしたくなりました。

しかし、そこでいきなりプレイがストップしたのです。

私は何か問題でもあったのか気になってしまいましたが、そのようなことはありませんでした。

なんと放置プレイが始まったのです。

プレイが始まりそうで始まらない放置プレイは今までに無かった展開。

何もされていないにも関わらずゾクゾクしてしまいます。

そして、時間ギリギリでマッハ手コキがスタート。

いつも以上に大量発射してしまいました。